2010'09.23.22:24

Welcome 6台目

YashicaMinister
久しぶりにカッチマイマシタv
Yashica Minister。
ワンコイン(500円)のジャンクです。
我が家で6台目のヤシカです。

YashicaMinister
速写ケースが下半分だけ着いてました(笑)

スペック的なもの
レンズ/ヤシノン45mm F2.8
シャッター/COPAL-SVL
シャッター速度/B~1/500
絞り/2.8~16
発売/1960年

 ...READ MORE?
Tag: ヤシカ 
My Cameraトラックバック(0)  コメント(0)
2008'05.02.00:34

Diana+レンズフード

Diana+を使っていて気になってたのが写真の真ん中が白くなる現象。
そこで試してみたのが
フイルム室内の植毛紙貼付と自作のレンズフード。
見事に大成功でした。
レンズフードはとっても簡単に作れるので紹介しちゃいます。

diana_k08.jpg

diana_k09.jpg

使うのはフイルムの空ケース。
DNP CENTURIAのものがちょうどピッタリです。
1.5cmくらいにカットします。【注】
うまく水平に切るようにしましょう。

切れたら、Diana+のレンズにはめます。
蓋のついていたほう(ちょっと出っ張ってる)をはめます。
はじめはちょっと固いかも。少しずつ慎重に。
どうしてもはまらない場合は内側をすこーし削ります。
カッターナイフなどで削ぐように、慎重に。

うまくはまれば完成です。
ピント調節はフードをはめたままで大丈夫。
ちょっと▲印が見にくくなりますけど(;^_^A
レンズキャップ代わりにフイルムの蓋が使えます。
出っ張りがない分、抜けやすくはなりますが。
欲を言えば蓋が黒だったらよかったのですが。

【注】私のフードの実際の長さは約1.6cmです。
写真の四隅にフードのケラレらしきトンネル効果が出てます。
つまりちょっとフードが長すぎて写りこんでいるような気がします。
でもトンネルといわれるとそんな気もしてしまうビミョーな感じなのです。
なので1.5cmくらいという書き方をしました。
フードは短すぎると効果がないし長すぎるとケラレます。
一度作って試し撮りをして、その結果を見て、
作り直すなり改良するなりしてみてください。
Diana+はトイカメラなのでたぶん個体差も大きいと思います。
ご自分のDiana+にあったフードを作ってあげてください。
My Cameraトラックバック(0)  コメント(2)
2007'12.25.10:32

ヤシカエレクトロ35

キタムラのジャンクカゴに入っていたヤシカエレクトロ35初期型です。
525円という激安値に負けて買ってしまいました。
前のオーナー様がよほど大切にされていたのか、はたまた倉の奥にでも眠っていたのか?
フィルム巻き上げ、シャッター問題なし。電池ケースも腐食なく、外観も大変きれい。

electro01.jpg

帰宅してネットで情報収集。
使用する水銀電池は現在入手不可能なため、
代用にアダプタをつけたボタン電池を使います。
アダプタはネットの情報を元にを自作。これで電池問題は何とかクリアできました。
電池を入れて動作確認をしてみたところ、
どうやら露出計は生きているようですが、シャッター速度が変化していません。
ネットで調べてみると、エレクトロの典型的な症状、
ダンパー劣化が原因のようだと推測できました。

いちかばちか素人修理に挑戦してみることにしました。
専用の道具もなければ、カメラの用語もちんぷんかんぷんなのに怖いもの知らずです。
ネットで詳しい情報が入手できたので何とかなりました。
特に「レンジファインダー」Web site様と素人寫眞機修理工房様。
この2つのサイトが大変参考になりました。多謝。

 ...READ MORE?
My Cameraトラックバック(0)  コメント(0)
2007'04.28.13:03

demekin

070428_03mini.jpg

写真のストックが尽きたのでカメラ紹介

私が初めて手にしたトイカメラ。
ヴィレヴァンで衝動買いでした。
なんとも小さなボディ。
お皿に乗っけてみました(笑)
購入時にゴムひもでキャップがつけてあるけど
キーホルダーのチェーンに換えてあります。
首からかけれるようにストラップもつけました。

買ってから110という珍しいフィルムを使うことや
大きいお店でないと現像に出せないことを知る。
でも比較的近くにキタムラがあって助かってます。

デジカメに慣れきっていたので
液晶画面で写り具合を確認できないことに
はじめはすごく戸惑いました。
いったいどの辺りが撮れてるんだろう?
どんな風に写ってるんだろう?
そんなドキドキが今は楽しいですが
1本目のときは不安の方が大きかったかな。

1本目はホントに手探りで撮ったので
なんじゃこりゃ?な写真ばかり。
それも同時プリントで出したのに
プリントされたのは24枚中10枚だけでした。
ネガを見ると何か写ってるのに…
この経験から現像に出す時には必ず
「何か少しでも写ってたらプリントしてください。」
と一言添えるようにしています。
2本目はカメラにも少し慣れたこともあって
24枚中20枚プリントしてもらえました
(残り4枚はうっかりシャッターで泣く泣く飛ばしたコマ)

3本目がもうすぐ現像できるはずです。
今回もたくさんここで紹介できるといいなぁ。
My Camera:  トラックバック(-)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 【giretto】 カメラとお散歩. All Rights Reserved.