2007'10.22.11:13

光の輪

Diana-mini_0004.jpg

ショッピングセンターの駐車場にて。
絞りは曇りマーク
シャッターはバルブで長めに4~5秒。

この丸い光の輪。
Diana+の欠陥というべきなのか、面白味というべきなのか。
カメラの内部で反射を起こしてそれが写っている。
暗かったので長めにシャッターを開けたせいなのか?
逆光だとこうなるのか?
ノーマルシャッターだったら起きないのか?
検証が必要です。


07/10/18撮影
film:Kodak PORTRA400VC

ランキング参加中
クリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
Tag: Diana+ 
120-Diana(F)+トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

yuzuman

なんとも、不思議な写りですね。
バルブは、あまり使ったことがないのですが、不思議な写真が
撮れるんですね。。。ちょうど、駐車場の暗さと光の取り込み具合が
こういう写真にしたんでしょうね。ワッカもまた不思議です。
チェキの接写レンズをつけた写真で、こういう写りのものを
トイカメラさんで見ましたが。。。。

2007/10/23(火) 06:50 | URL | [ 編集]

ゆきじろ。

>>yuzumanさん
バルブはうまく使えたら面白いと思うんですけど
ブレブレになっちゃっていつも失敗ばかりです。
三脚があればいいけど、なんだか大げさですよね、三脚って。

逆光で撮ると、
Vivitar UltraWide&Slimでは丸いフレアが写ったり
私の持ってるYASHICA35MFでは青紫のフレアがでます。
でもフレアというのはカメラの外の光が写ってるだけ。
中で反射して写りこむというのは初めてです。
たぶんカメラとしては欠陥なんでしょうけど、
私も面白いと思いました。

2007/10/23(火) 11:04 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 【giretto】 カメラとお散歩. All Rights Reserved.