2007'11.15.21:59

ぼんやり秋色

Diana-mini_0017.jpg

ピンホールで撮ったのですが、
三脚もカメラを固定できる場所もなく
手持ちのまま撮ったのでブレブレです。
バルブの手ぶれとはまた違った感じですね。
失敗写真でも色が好きだからこれはこれでOK!


07/11/03撮影
film:Kodak PORTRA160VC

ランキング参加中
クリックお願いします
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
Tag: Diana+ 
120-Diana(F)+トラックバック(0)  コメント(11)
Next |  Back

オルガ

ホルガ検索で訪れました<m(__)m>
カメラについて無知ですが、ホルガに興味があります。12月に発売されるHOLGA135はオススメでしょうか?持ち運びにはシスターホルガがいいと思いますが、なんというのか知りませんが写真の上下の白抜き?が気に入ってます。初心者向けではないですか?

2007/11/16(金) 17:47 | URL | [ 編集]

ゆきじろ。

>>オルガさん
はじめまして。
HOLGAに興味がおありなのですね。
135、シスターは使うフィルムの種類がちがいます。
ふつーにHOLGAという場合、120というフィルムです。
扱い方がやや難しいフィルムです。
ましかく写真(6×6)が撮りたい場合はこれです。

シスターホルガは110というフィルムを使います。
大きいお店でないとフィルムを置いてないかもしれません。
また、現像はたいていの場合外注になるので1週間ほどかかります。

HOLGA135は135フィルムです。
35mmフィルムのことです。コンビニでも売っています。
現像・プリントはお店ですぐやってもらえることが多く、即日仕上がりです。

フィルムカメラ初心者であれば一番扱いやすくて、現像も安く、手軽な135をおすすめします。

上下の白抜き??というのが何のことを示しているのか
ちょっとわからないのですが(;^_^A

2007/11/16(金) 22:03 | URL | [ 編集]

オルガ

ありがとうございます。
上下の白抜きはフィルムの穴でした(^_^;)パーフォレーションというらしいですね、すみません知らなくて。あれはホルガの特徴ではなく他のカメラでも現像?で出来るのでしょうか?現像で穴のところは無いようにもできるんでしょうか?でもほんとに、ゆきじろさんの写真はカッコイイですね。ボクはセンスがないから難しいだろうなあ。センスがあない分を、あの穴がカバーしてくれそうな気がして(^_^;)。多分、しょーもないコトを質問してると思うんですがよろしくお願いします<m(__)m>

2007/11/17(土) 00:13 | URL | [ 編集]

ゆきじろ。

>>オルガさん

パーフォレーションのことでしたか!穴開き写真ですね。
120フィルム用のHOLGAに別売りの35mmフィルムホルダーをつけると写せるようになります。
HOLGA135にはこの機能は付いていないと思います。

フィルムのパーフォレーションは、
ギアにかませてフィルムを送るためについているものです。
そもそも、そこに何かを写そうという発想事態がないですね。
35mmフィルムホルダーは、パーフォレーション部分まで写るように
わざとマスクを大きくしてあるようです。
だからパーフォレーションまで写すことができるということです。
なのでHOLGA+35mmホルダー使用以外では
パーフォレーションまで写すことは無理ではないでしょうか?
また、パーフォレーション部分は通常使用するところではないので、
何も言わずにプリントしてもらうと穴開き写真には焼いてもらえません。
またお店の自動プリント機にはパーフォレーションまでプリントする機能が付いていないと思います。
1枚1枚手焼き作業が必要になりますので、その分プリント代もかなり高くなります。

私は35mmホルダーは持っていないのでくわしくはわかりませんが
120フィルム用のホルガと別に35mmホルダーを買わなくてはいけないし、
プリントも手焼きで高くつくので、どちらかというとあまりおすすめしません。

安価にできる方法としては、
11月末頃発売予定のTOLNEというトイカメラにフィルム風のフィルターが付いてきます。
このフィルターをセットして撮れば、普通にプリントしても穴開き写真っぽいものになります。
TOLNEのサイト↓
http://www.takaratomy.co.jp/products/tolne/

センスなんて私もないですよ。(;^_^A
いろんな方のステキな写真をみて、まねして撮っているだけです。
写真を撮り始めてから、今まで目に留めなかった日常の風景にも
面白みや美しさを感じるようになりました。
オルガさんもまずはフィルム1本、撮ってみてはいかがですか?

2007/11/17(土) 10:27 | URL | [ 編集]

オルガ

詳しく有難うございます。ホルガ135には機能なしですかあ。残念。TOLNEのは白抜きでなく黒塗りなのが残念です。ホルガのような風合いというか写りは他のトイカメラも同じ感じですか?「白抜き」をあきらめればどれでも同じなのかなあと思いまして。それと手焼きのプリント代金ってどれくらいするもんでしょうか?何度もスミマセン。

2007/11/17(土) 19:03 | URL | [ 編集]

オルガ

トルネの写真に違和感があったのは黒抜きではなく正方形ではないからでした・・・。プリントしたときに周りの白枠はなくすこともできますか?それが出来ればかなり印象は違うと思います。うーむ、悩む

2007/11/17(土) 19:39 | URL | [ 編集]

オルガ

もうホントに最後です<m(__)m>
これを見て決めました。トルネのフィルターで決めました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000V7G1ZA/ngatukinikki-22/ref=nosim

2007/11/17(土) 20:07 | URL | [ 編集]

ゆきじろ。

>>オルガさん
おお!決めましたか?!
トルネはいろいろ遊べて面白いカメラだと思います。
私も予約していますよ(o^-^o)

HOLGAのパーフォレーション付の写真のことですが、
白抜きになっているのはおそらくポジフィルムだからです。
現像したポジフィルムをスキャナーで取り込んでいるのだと思います。
だから穴が白いんです。たぶん。

それから写真のサイズについては、
HOLGAの35mmホルダーでパーフォレーション込みだと少し正方形に近くなります。
これはパーフォレーションまでわざと含める分上下が大きくなるからです。
トルネは通常のサイズの中にフィルターで穴開きっぽくしているだけなので、
普通のL版のサイズ(長方形)になります。
プリントの時に白枠をつけるかつけないかは選べると思います。

手焼きの料金は、私にはわかりません。
いろいろお店によって差があると思います。
普通のプリントが30円くらいなら100円とか、もっともっと高いかもしれません。
これが1枚の値段なのでフィルム1本24枚と考えたらかなりの金額です。

2007/11/17(土) 21:35 | URL | [ 編集]

オルガ

トルネはアマゾンでは在庫がないようです(T_T)
そうなんでよねえ、長方形なんですよねえ。
映画フィルムっぽいフィルターなら左右についてるから正方形に近くなりますけど(^_^;)

2007/11/17(土) 22:23 | URL | [ 編集]

ゆきじろ。

>>オルガさん
トルネ、アマゾンでは売り切れですね。
売り切れというか、発売日が近いので、もう締め切ったというのか?
オモチャ屋さんの店頭なら発売日に行けばあるのかも???
アマゾンも発売日がすぎたらまた買えるようになるかもしれませんよ。

2007/11/18(日) 21:46 | URL | [ 編集]

オルガ

ゆきじろさん。そうなんですかあ、買えないものと思いましてまたもやホルガのパーフォレーションに揺らいでました。ポジフィルムで現像だけしてスキャナーで取り込めばプリントしなくて済むんじゃないかとか・・。でもブローニーフィルム対応のスキャナーって高かったです(/_;)。現像したのをためておいて店でCD-Rかなんかに焼いてもらうというのはどうかなあ。
いやあ、あのパーフォレーションの写真で年賀状を作ろうかなあと思ってたんですけど

2007/11/19(月) 08:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 【giretto】 カメラとお散歩. All Rights Reserved.