2011'02.16.21:38

要らないものと足りないもの


撮ってるときは電車を押さえるのに必死。
見えていないものがいっぱいあるのです。
だからいざ現像してプリントを見ていつも大反省会になります。

たとえばこの写真
左のやけに目立つ看板が要らない。
しかも電車にかぶってしまっているorz
コレ、撮ってるときはぜんぜん気づいていないのです。
何を見ていたかというと、
・手前の自転車(ピント調整と位置)
・踏み切り手前の停止線(水平キープ)
画面の一部に集中しすぎて全体が見えてない典型です。
そして、電車がこの位置なら踏切を待つ人が足りない。
一人でも人がいるだけでぜんぜん違うと思う。
でも電車の位置は運任せなんで
先頭を撮り逃がした結果のお尻ショット。
それもギリギリだし( ̄ー ̄;)

やはり撮り鉄に連写できないカメラはキビシイね。
望遠じゃないレンズもね。
でもね、この不自由さが楽しかったりするのですv
Mなんだろうか???(;^_^A

画面全体隅々まで気を配ることを忘れないようにしよう。
来た電車を撮らなきゃって思い過ぎず次を待つ余裕を持とう。
次を待つときにシャッターのシュミレーションをしよう。
以上3点、これから実践します。
自分がどこに向かってるのかよくわかんないけど(笑)
こういう風に撮りたいってイメージに少しでも近づけるように。。。


2011/01/25撮影
film:Kodak PORTRA400VC

トイカメラブログランキング

Tag: ヤシカ  二眼レフ  Kodak  PORTRA400VC  鉄子  東京 
120-Yashicaflexトラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

abetra

こんばんは。

電車と看板、見事に被っちゃいましたね(--;)
>コレ、撮ってるときはぜんぜん気づいていないのです。
良く分かります。
普段の私がまさにそうです(_ _;)

ゆきじろ。さんの写真を見ていて、いつも「良いなぁ」「鉄道写真でこういう表現も出来るんだな」って関心しています(^^)
今回の写真もそうですが、写真に不必要なものは無いと思います。
もし、不必要と感じたならば、逆にどう使うか考えた方が、より一層写真を面白く出来るはずです。

まぁ、私も偉そうに人の事言えないです…。
もっと勉強して自分らしい写真を楽しんで撮影します(^^)

また来ますね(^^)
宜しくお願いします。

2011/02/17(木) 01:46 | URL | [ 編集]

ゆきじろ。

>>abetraさん

とても嬉しいコメントありがとうございます。

>今回の写真もそうですが、写真に不必要なものは無いと思います。
>もし、不必要と感じたならば、逆にどう使うか考えた方が、より一層写真を面白く出来るはずです。

なるほど。目からうろこです。
「どこまでそぎ落としてイメージに近づけるか。」
というお話をCP+で中井先生が話していましたが、
マイナスするだけじゃなく、あえてそれを使うという考えもありですね。
どれだけたくさんのパターンを描けるか。
ということですね。
その場にあるもの全てがその情景を作っているのですから。
ちょっとひとつの考えに偏っていたかもしれません。
ありがとうございます。

2011/02/17(木) 19:15 | URL | [ 編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 【giretto】 カメラとお散歩. All Rights Reserved.